スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


誰にとっての言葉

(2008-05-30)
結構ハイテンションで岡村靖幸似(だと私は思ってる。みんな岡村ちゃん自体知らないから確かめられないのでございます)の社会保障制度の先生が今日言った言葉。


「障害」っていう単語が意味してるのは「障りがあって害である」ということ。
でもそれは誰のこと?
障害者と言われてる人たちですか?
皆さん障りがある?害がある?誰に対して?
「障りがあって害がある」のは、彼らの本質を理解せずに一方的な「支援」を押し付けてる「支援者」のほうなんじゃないのかな。


というような内容でした。


生涯発達でも、高次能機能でも、私自身はレポートなどに「障害」という言葉を使うのは気乗りしない。
「障がい」って書くのはそれも??それなら全部ひらがなにしたほうがよいのでは?

もっといい言葉ないかなって思うんだなあ。




コメントの投稿

非公開コメント

こんばんワンコそば。
とっくんちゃんもせずにネットしちゃってます。Σr(‘Д‘n)

今日のAACの授業でもちょうど出ましたね~。
チャレンジド。うんうん。ア パーソン ウィズ~ もいいなあと思いました。でもカタカナで書くと長いな。。。

こんばんワニ。
先ほどうたた寝してしまって、眠れるか心配です(たぶん眠れるので心配して無いんですが)。

障害者業界では、障害をもった人のことを
「ハンディキャップト」とか「チャレンジド」という言い方をします。
個人的には「チャレンジド」が前向きで良いなぁと思います。
welcome♪
We are...

chubacca&ぼのりん

Author:chubacca&ぼのりん
チューさん:鋼鉄音楽&アクアリウム&料理好きな臨床工学技士兼主夫、寅年男
ぼのりん(旧HN 椿):いろいろ好きなぐーたら姉さん女房、言語聴覚士
ボン:チョコレート好きな超マイペースな小学生。

のんびりまったり書いてます。

☆このブログの記事は内容によってはパス制にしています。☆

まとめプラグイン
05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
Notes
どうもどうもです
トラバ♪
リンク
ブログ内検索
blogram
Twitterもフォローミー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

グリムス
RSSフィード
amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。