スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


15年来の後悔

(2008-04-16)
今から15年前・・・私の教育実習で研究授業のときのこと。

翌日の研究授業について指導教官(50代男性)からアドバイスをいただき、帰ろうとしたところ

「○○からあなたに話があると思うから、聞いてやって」
と言われました。
○○っていうのはバスケ部の明るく元気でいつもニコニコしている女子です。


でもって、当日。授業前の休み時間に○○さんがやって来ました。
「先生お願いあるんです」
「何やろか?」
「本読み当てんといてほしいんです」
「本読み?」
「本読みだけ当てんといてもらえたら、ほかのは当たってもいいです」
「わかったよ~」

こんなやりとりでした。

そして研究授業。
授業後半で「主人公の気持ちが表われているのは本文のどの箇所でしょう?」的な質問で○○さんを指名しました。
○○さんは教科書をまっすぐ持ってはっきりと答えていました。読み上げた箇所は正解。
「そうです、そこです。いいですね~」と言うと、彼女はうれしそうな表情で着席しました。


研究授業は一応無事に終わり、国語科の先生方からフィードバックをいただいて(今思えば結構な炎上っぷりでした)、自分の至らなさに涙して終了。
その後で指導教官から「○○は言いに来なかったか?」と尋ねられました。
「はい、来ました」
「・・・そうか」


その夜、やっと気づいたんです。
○○さんに本読みを当ててしまった!!
ワンフレーズくらいの短い句ではあったけれども、本読みではあった。


翌日以降も○○さんは変わらずニコニコしていました。

私は謝る機会を逸してしまい、もやもやしたまま実習を終えました。
自分自身、人前で話すとき声が震えて困っているのに、助けを求めてきた彼女との約束を反故にしてしまった。
その後15年間、いつも頭の片隅にこのことが残っています。後悔とはこのことかな。


なんでこのことを今書いてみたのかというと、2年になって吃音の教科書を購入し、その教科書を読んでいるうちに、彼女のことを思い出したのです。


元気にしてるかなあ。


コメントの投稿

非公開コメント

秋桜子サマ♪

この○○ちゃんが吃音だったかどうかはわからないのですが、今でもこんな状態の私なので、当時は全くピンときませんでした。本読みでめっちゃ緊張するんだろうな、という認識で、吃音にまで頭が回りませんでした。

私の当て方はランダムだったので、事情をご存知の教諭にしてみれば「あえてその問題で○○さんに当てなくても」っていうのはあったと思います。

やってしまったほう(私)も相当長いこと忘れられないのです。。。

「本読み当てんといて」のところで、ピーン!と来ましたよ。

でもね。

吃音だからと本読みを当てないというのもありですが、
最初だけ一緒に読んであげるとか、方法はいろいろあると思います。

たとえば順番に本読みが当たることってあるよね。
そんな時、一人だけ当てない方が、かえって不自然だと思います。

ランダムに当てるのなら、話は別かもしれないけれど。

ただ、一人だけ特別にされるというのは、私だったら傷つくので、人それぞれかもしれないです。
welcome♪
We are...

chubacca&ぼのりん

Author:chubacca&ぼのりん
チューさん:鋼鉄音楽&アクアリウム&料理好きな臨床工学技士兼主夫、寅年男
ぼのりん(旧HN 椿):いろいろ好きなぐーたら姉さん女房、言語聴覚士
ボン:チョコレート好きな超マイペースな小学生。

のんびりまったり書いてます。

☆このブログの記事は内容によってはパス制にしています。☆

まとめプラグイン
09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
Notes
どうもどうもです
トラバ♪
リンク
ブログ内検索
blogram
Twitterもフォローミー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

グリムス
RSSフィード
amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。