スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


号泣ヨット

(2011-10-10)
夫です。
本日は体育の日。
久しぶりに(初めて?)祝日に休みを取り、一家三人で市内にある池で行われた子供ヨット教室に行ってまいりました。

zugaike

元々ヨットに興味のあったお坊ちゃん。
最初に何人かで乗った大きめのヨットや、、ひっくり返ってしまったヨットの救助に行くモーター付きのゴムボートの同乗などをそれぞれ満喫し、
sijoukai1
kajitori
shijoukai2



とうとうメインディッシュの体験教室に。

これは小型のヨット(大人が一緒に乗るとバランス崩してしまうらしい)に子供一人でのるというもの。
さすがに小学校一年&怖がりのお坊ちゃんにはきついと思われ、
「いっしょに大型ボートに乗ってた小5のおねえちゃんと一緒に乗せてもらおうか」なんて言ってたのですが、お坊ちゃんがボートに乗り込むと指導担当のおじさんがおもむろにヨットを押し出してしまったのです。
ひきつった顔のお坊ちゃんを乗せたボートはだんだんと離れていく。。。そして声の届かないぐらいの距離まで離れていく。
hitori


それなりに運転できてそうだし、なんとかなるかなぁ、なんて思いつつも、先ほどの小5の女の子のお父さん、指導員の方とモーター付きゴムボートで近づいて行くと。。。

号泣してます。

ここ数年で最大級の号泣です。
普段は声を押し殺して「むぅぅ~~~。。。むふぅぅ~~~。。。」となくお坊ちゃんが、「ぎゃああぁぁ~~!!こわいぃぃ~~!!!」と絶叫。
そりゃそうだよな、風が吹いたら結構な速度が出てたし、怖くて必死に舵をきったらすごい速さで回転したし。
ボートをヨットの横につけて、「もう大丈夫」と声をかけ、お坊ちゃんをこちらに移らせるのかと思うと、指導員の方は近くの大型ヨットに乗ってた経験豊かな子供に運転を変わってもおうとして一度坊ちゃんのヨットから離れようとしました。
その瞬間
「うあ゛ぁぁぁ~~!!!やめてぇ~!!かえりたいよぉぉぉ~~~!!!」
再度絶叫&号泣
それを見たこちらも思わず動揺し、私にしては若干声を荒げてお坊ちゃんのヨットを離さないようにお願いし、なんとかお坊ちゃんの救出を救出することが出来ました。

その後は初めてとは思えないほど上手く運転する小5の女の子の伴走をしつつ無事着岸。

新たなトラウマが出来てしまったかと思いましたが、
「一人じゃなかったらもう一度乗りたい」
と言っていたお坊ちゃん。
それなりにエンジョイ出来てたみたいでよかったです。
機会があればリベンジのため再挑戦しませう!


コメントの投稿

非公開コメント

welcome♪
We are...

chubacca&ぼのりん

Author:chubacca&ぼのりん
チューさん:鋼鉄音楽&アクアリウム&料理好きな臨床工学技士兼主夫、寅年男
ぼのりん(旧HN 椿):いろいろ好きなぐーたら姉さん女房、言語聴覚士
ボン:チョコレート好きな超マイペースな小学生。

のんびりまったり書いてます。

☆このブログの記事は内容によってはパス制にしています。☆

まとめプラグイン
03 | 2017/04 [GO]| 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ
Notes
どうもどうもです
トラバ♪
リンク
ブログ内検索
blogram
Twitterもフォローミー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

グリムス
RSSフィード
amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。